花嫁の父

下の子が結婚した。

喜びとか感激とかよりもホッとしたという気持ちが強い。

何よりも安心したということかな。

 

おとうさんは結婚式で有休を取った。

するとみんなから、悲しいでしょとか淋しいでしょとか言われたらしい。

式では泣いちゃいますよとも。

家に帰ってきてそのことを私に話しながら、そうなの?と納得いかない表情だ。

良かったなとは思うけど悲しくは無いんだけど・・・。

そうよね、私も全く同感。

どうして淋しいんだか分らないよ。

 

そりゃ男親と女親は感じ方は違うかもしれない。

娘を他の男に取られたと思うのかもしれない。

でもそれって男親のエゴじゃないの?

娘が好きな人と幸せになったとしても、それでもやっぱり淋しいのかな・・・。

他のおとうさんは分からないけれど、家のおとうさんは心の底から娘の結婚を喜んでいるんだけど。

 

結婚式は厳かに和やかに進み、晴れ渡る空にまで祝福されているようだった。

披露宴の最後の挨拶では震災で避難する下の子の姿を思い出して少しだけ泣いたことがおとうさん的には無念だったみたいだけどそれも良しとして。

 

月末には二人でサクランボ狩りに来てねと誘っている。

楽しみは増えるばかりだ。

広告を非表示にする