肉じゃが ポテサラ コロッケ

じゃが芋が食べたいなあ!と思って、畑のじゃが芋を試し掘りした。

来週あたりの収穫を見込んでいたけれど、雨が続きそうで今日掘ってみたのだ。

 

午前中は病院へ行って帰ってきてからの畑仕事。

最高気温は32度になりそうで熱中症にならないように気を付けながら。

まだ葉が茂っている株も有り2/3位を掘ってみた。

大きいのや小さいの、いつも通り?の収穫となりそう。

早速今日は肉じゃがで食べることにする。

f:id:yayoi50:20190626151027j:plain

今週は病院三昧

今日は成人病検診、朝から病院へ行って来た。

受けたのは 肺癌 子宮癌 乳癌と、基本健診の 身長 体重 血圧 血液 尿検査だ。

そして明日は神経痛の治療を受けている整形外科へ行って、診察を受けて薬を貰って。

明後日は胃癌検診で胃カメラを飲み、大腸癌検査で便を提出して。

1か月前に予約していたから重なっていないと言えば重なっていないけれど、毎日どこかの病院へ行くのも忙しい。

ただ運良く梅雨の晴れ間に当たってチャリンコで出掛けられるのはありがたい、電車とかの時間に縛られないし途中で買い物も出来るし。

 

検診結果は3週間後に病院へ行って聞くことになっている。

さて、結果やいかに!

サクランボ

注文していたサクランボが届いた。

赤く美しく輝いて、やっぱりサクランボは木になる宝石だ。

 

f:id:yayoi50:20190622130503j:plain

 

届いたよと知人に電話したら今年は春先の冷え込みが原因か実成りが少なくて不作とのこと。

野菜や果物は自然が相手だから仕方が無いけれど生産者は大変だ。

実成りが少ないから例年だと6月一杯は収穫できるのに今週中ぐらいで終わりになりそうと言っていた。

その中で我が家に美味しいサクランボが届いて、その上どんぶりで食べられて本当に良かった。

ネガティバー

我が家の畑も雨の時期を迎えボチボチ育ってる。

梅雨の晴れ間を見てじゃが芋を掘り、すでに収穫した玉葱と物置に置こうと考えている。

畑を見回して胡瓜はまだ少し小さいけれど来週か7月初めには実を付けるだろうなと内心ウキウキしていた。

まだ小さい我が家の胡瓜、けれど葉と葉の間が詰まってジックリ良い苗に育っている。

f:id:yayoi50:20190620144855j:plain

 

ところがおとうさんが昨日夕方会社から帰ってから畑の様子を見て、やっぱり胡瓜も違う苗植えれば良かったね↷とか言い出した。

え?何で?まだ小さいから?実を付けないから?と聞いたら、

そうだよ!もっと大きい苗植えれば良かったのに!とかミョーにネガティブなことを言っている。

いやいや!畑は上手くいっているでしょう!実はこれからよ!苗も大きくなってきたし!と私はことごとくポジティブで。

 

畑は楽しみのうち、少しぐらいの失敗は成功のうちなのだ。

花が咲いたのを喜び、歪な実でも美味しく食べるそれが家庭菜園の醍醐味でしょう。

我が家の畑は上手なのよ!とおとうさんを言いくるめてあげた。

そうしたら俺はネガティバーだから!とか言い出して、何時からそんなに後ろ向きに考えるようになったの!

 

人生前向きに考えたもの勝ちだよ!と言ったけれど、会社で偉くなり重い責任を背負いネガティブ思考が身に着いたこの頃のおとうさんなのかもしれない。

 

今週のお題「おとうさん」

久しぶりの緊急地震速報

もう寝ようかなと思い、居間の電気を消そうかと思ったらアラームが鳴り響く。

えええっ!と思うより先に家が揺れ出した。

うわっ!大変!!!

もう布団に入っていたおとうさんを呼んで、玄関の灯りも点けて。

消えていたテレビも点けてNHKにチャンネルを合わせる。

ここまでしてもまだ家は揺れていた。

久しぶりの緊急地震速報東日本大震災を思い出して怖い。

 

けれど揺れは大きくても停電にはならずにNHK震源山形県沖と伝えていた。

津波も来そうだけれど、映し出されている酒田港や佐渡にはまだ来ていない。

被害が大きくなければ良いけれどとテレビ画面を見つめる。

 

揺れは長くて大きかったけれど物が落ちたり倒れたりなどは無く、まだ余震が来るかもしれないけれど眠りにつく。

心配したけれど目が覚める程の余震は無く朝を迎えた。

朝、新聞やテレビを見ると怪我人はいたようだけれどそれ程大きな被害は無くてちょっと安心。

 

久しぶりの緊急地震速報で肝を冷やした夜だった。

 

 

 

痛みは軽減

神経痛で薬を飲み始めて半月、少し痛みは減ってきた。

お尻の左側、左足の太腿の前外側、左足の踵、と部分的に痛みが出ていた。

感じる痛みはズキズキとかチクチクでは無くて、引っ張られてきついとか締め付けられてるな、という感じだ。

その痛み、お尻や太腿は減って来たけれどまだ踵の痛みは残っている。

歩く時や家事をする時や寝る時には痛くないから我慢できるけれど、ボーっとテレビを見ている時や車に乗っている時にじわじわと締め付けるような感じが嫌なのだ。

 

少し痛みが引いたことで眠気は来なくても薬は合っているんだなと思う。

次回の診察の時に少しでも痛みがあるときには我慢せずにお医者さんに言って合う薬を探しましょうと薬剤師さんに指導されたけれど。

前回出た薬は1ヶ月分、残り半月でまだある痛みが無くなれば良いなあ。

 

でもまあ神経痛、良くなってきているのは間違いない。

有休消化

おとうさんは会社の成人病検診で胃癌で引っかかり要精検が出ていた。

再検査の為胃カメラを飲むことになった、午前中はその検査の為に病院へ。

午後から仕事に行くことは出来たんだけれど、きっと出社する気になれないからと有休を取得しておいた。

 

胃カメラは10時15分の予約だったからお昼までには終わるよねと思っていたのに、説明やそれに合わせて血液検査とおまけにピロリ菌も検査しようかと言う話になり考えていた以上に時間が掛かり戻って来たのは12時半、それから検査の麻酔が覚めるまで食事も出来ずにやっぱり1日有休を取得しておいて良かった。

飲んだ胃カメラはすぐに胃の中の状態が分かりその場で胃癌では無いという結果でそれはそれで安心なんだけれど。

2~3年毎に胃癌の要精検で胃カメラを飲んでいて、何かは有るのかなあ?と心配はある(毎年引っかかる訳では無い所がミソなんだけど)。

 

お昼ご飯は昨日の夕ご飯の残りのカレーを食べ、午後からは休憩と思っていたら。

畑の胡瓜苗が大きくなってきていて胡瓜ネットを張る?張ったほうが良い?張りたい?(おとうさんが畑に参加したいのだ)からとホームセンターにネットを買いに行くことにする。

胡瓜ネットをピンッと張るのはなかなか難しい、一人だと尚更。

だから今年は支柱を立てただけで済まそうかと考えていたけれど、おとうさんがネットを張りたそうで一生懸命に作業してくれたから綺麗に張れて二人で満足した。

 

有休を消化して胃カメラを飲み、胡瓜ネットを張って有意義な休みとなった。