もう冬かも

今朝私より先に起きていたおとうさんが、寒いねえと言いながら半纏を着て毛布に包まってテレビを見ていた。

 

いくらなんだって寒すぎじゃないの!と内心思ったけれど、おとうさんは心臓が悪いから朝寒いのかなと思い直して。

私的にはまだそんなに寒くないと思いながらもおとうさんが出勤してから炬燵を出した。

冬の部屋の温度は寒い方に合わせないと辛いから一緒にヒーターも出して冬支度をしてあげた。

 

先日買って敷いていたラグの上に炬燵布団をかぶせると冬っぽいどころかすっかり冬だけど。

f:id:yayoi50:20181015140108j:plain

 

週間天気予報だとこれから週末にかけてもっと気温は下がりそう。

畑も夏野菜は終わって来春の準備を始めている。

一味唐辛子作り

干していた唐辛子が良い具合になったので一味唐辛子を作った。

 

前に少しだけハサミで切ってみたけれど使い具合が良くなかった。

ハサミで切るとどうしても大きくて、瓶に入れて片手でパッパが出来なかったのね。

だからネットで良さげな作り方の探しておいたのだ。

 

作り方はおおよそミルサーで砕くというもの、だよねえ。

残念なことに我が家にはミルサーが無い、ハサミで切ってこれ以上細かくするのは難しいし。

お金を掛けずに何かで代用できないかなと考えたらミキサーが有ることに気が付いて、でもねミキサーじゃあそれ程細かくならない気もする。

 

けれど今日、いつまで干していても一味唐辛子にはならないし。

結局砕く必要はあるんだしと心を決めて、出来なくてもまあいいやと思ってミキサーで作ってみたら。

 

前回の一味唐辛子

f:id:yayoi50:20180805140421j:plain

 

今回の一味唐辛子

f:id:yayoi50:20181014111026j:plain

 

良い感じ、なのですべてを粉々にした。

f:id:yayoi50:20181014104015j:plain

 

袋には焼きのりに入っていた乾燥材を一緒に入れて保存して。

これを一味の瓶に入れて使えば良いのだ。

 

ただ残念なのはきっともうこのミキサーはほかの用途には使えないこと、何をミキサーしても辛くなると思うから。

でも箪笥の肥やしで使わずにしまっておくよりは良いかな。

 

こんなに細かく出来るのならば来年も唐辛子を作らなくちゃいけないな。

寒い

今日は朝から晴れていた。

洗濯物を干して安売りを買いに朝のうちに出掛ける、今迄と同じ5分袖のシャツを着て。

いつもと同じに自転車を漕ぎだすと寒い、とっても寒い。

綺麗な夕暮れの次の日だったからか、まだ朝でそれ程気温が上がっていなかったからか寒さが身に染みた。

この服ももう終わりだな長袖に変えなくちゃ、そう思いながら自転車を漕ぎ続ける。

今迄は並木道の木陰を選んで通っていたのに、木陰はもっと寒くて日の当たる場所に自転車を進める。

 

秋は進んで寒さが来た。

家に帰ったら長袖に着替えなければ。

秋は夕暮れ

昨日は一日雨降りだった。

今日は朝まで残った雨と風が強くて思っているより寒かった。

西の空はさっきまで雲がかかり時雨れているようだったのに。

 

暗くなるのが早いなあと思って外を見たら、すっかり雲は流れて綺麗な夕暮れだった。 

f:id:yayoi50:20181012171359j:plain

冬っぽい

昨日買ってきた炬燵の下敷きを敷いてみる。

福島はまだ暑いけれど買ってきたから敷いてみたいのだ。

 

おとうさんは午前中ゴルフの練習に行っているからその隙に、使っていたローソファーや古い下敷きをどけて広げてみる。

付いていたラベルやタグをとって歩き回ると、足に優しくフンワリしている。

安売りだったからこのフンワリ感はすぐにヘタレるかなと思ったけれど、まだ新品だから心地よい。

f:id:yayoi50:20181008093641j:plain

 

おとうさんチョイスの濃い色だからか敷いてみると何とも冬っぽい部屋になった。

使っていた座布団を並べようと思ったけれど、このフンワリ感だと要らないかな。

炬燵にまだ布団はかけないけれど冬っぽい。

 

まだ暑いのに、部屋の中は秋が深まったのだった。

夏の暑さ

昨日も今日も夏の名残りの暑さだ、朝から半袖短パン。

お昼には歯の調子がすっかり戻ったおとうさんとお蕎麦を食べてきた。

頼んだのは冷たいお蕎麦、でも2日前から新蕎麦になったとか。

暑くてもそんな季節か。

f:id:yayoi50:20181007112641j:plain

 

出掛けた目的はお墓の掃除、秋彼岸にあげたお花を片付けて強風で飛んできていた葉っぱを掃いてきた。

次は来るのは春彼岸で良いかな、少しづつ今年の掃除をする。

 

その後は冬に備えた買い物へ、目星をつけていたモアモアした低反発の炬燵下敷きを買って。

おとうさんは夏みたいに暑いのに!とか言っているけれど台風がすっかり抜けたら寒くなるからね、早めに買っておくのだ。

今の下敷きもすっかり古くなったし、モアモアヤワヤワは年寄の足に優しいと思うから。

経過良好

歯を抜いたおとうさんは痛みも腫れも出ず、経過良好だ。

抜いた所の出血もすぐ止まったみたいで、昨夜はぐっすり寝っていた。

でもお昼ご飯はまたうどん、食べて痛くなったら嫌だものね。

 

ところがおとうさんにするともう治った気分でいるみたい。

今晩はお酒飲みたいな~~~とか言っている。

どうして!痛くなったら嫌でしょ!なんで!

と怒ってしまった。

 

男の人ってどうしてこうなんだろうか!

幾つになっても子供で困る!!!