読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れた記念日

11日の夜に憂鬱な話をして、12日の朝もその続きの話をして。

そんなこんなで12日の夕方になって今日の予定表を見て(家族のお誕生日などを書いて置く物)ようやく今日が結婚記念日だったことに気が付く。

特に目出度い訳では無いけれど33回目。

このぐらいになるといつもの日常の1日になっているからこれといってお祝いをすることは無い。

念の為におとうさんにもLINEで知らせる、「覚えてた?」と。

そうしたらおとうさんも忘れていたみたい。

「あっ!」と返信が来た。

 

けれど帰ってきたおとうさんの手にはケーキがあった。

念の為らしい。

f:id:yayoi50:20160212175301j:plain

f:id:yayoi50:20160212192415j:plain

 

私は結婚て人生という長い道を一緒に旅する事だと思っている。

悲しい事も楽しい事も、苦しい事も幸せな事も、そんな荷物を持ちながらの。

けれど昨夜の叔父からの電話でその長い旅の果て、いつかはどちらか一人になってしまうのが今は心配。

 

33回目の結婚記念日は二人の老後を見つめる日になってしまった。